授乳中にタミフルは服用しても良いか

授乳中のお母さんが風邪をひいたりして具合が悪くなってしまった場合、薬や授乳をどうすればいいのか判断に迷うことがあります。
薬を服用すると、母乳に薬が移行し赤ちゃんに悪影響を及ぶのではと心配されるお母さんは多いと思いますが、実際には影響はほとんどないということがわかっています。

母乳は、乳腺を流れる血液のなかの血漿という成分から作られます。
ですが、血漿がそのまま母乳になるわけではなく、血漿のなかからタンパク質など必要な栄養素だけが抽出されて母乳を作っているのです。
お母さんの体に流れる血液のうち、乳腺に使われる血液は、全体の約1%程とされています。
ですから、薬を飲んでも母乳に移行するのは飲んだ薬の1%程度なのです。
これくらいの量では、薬としての影響力はほぼありません。

これは、インフルエンザであっても同じです。
インフルエンザの薬というと特別に強い影響がありそうな気がしそうですが、他の薬と同様に影響はほとんどないとされています。
インフルエンザでよく処方されるタミフルでも同じです。
厚生労働省の資料でも『「母乳中への移行はわずかで、一歳未満への投与量に満たない」とのデータを根拠に授乳の継続は可能』と記されています。
成人のタミフル服用後の血中濃度と同じ濃度が移行したとして、1日1リットルの母乳を飲んだとしても移行する量は0.555mgにすぎません。

とはいえ、微量ではあっても、タミフル 授乳には薬の移行があるのは事実です。
タミフルに限らず、服用後に薬の血中濃度が高くなる時間帯を避けるなどの工夫をすることで、赤ちゃんへの影響を最小限に留めることができます。
また、搾乳ではない直接の授乳の場合、服用から2日以上たっている?平熱である?咳などの症状がないことが望ましいとされています。

▼インフルエンザ予防に
リレンザ